三井造が高い、SMBC日興は「1」に引き上げ 造船市況底打ちで恩恵と

 三井造船<7003.T>が高い。株価は一時、前日比11円高の214円まで買われた。SMBC日興証券は24日、同社の投資評価を「2」から「1」に引き上げ、目標株価は200円から280円に見直した。今14年3月期は減益見通しだが、同証券では来期は船舶用ディーゼルエンジン事業のコストダウンや造船市況の改善により営業利益は2割強の増益に転じると予想。さらに16年3月期は造船市況の回復の恩恵が造船事業に表れるとして、来期から再来期にかけ高い増益率を期待している。株価は連結PBRで0.9倍台と1倍割れの水準にあることも投資機会と指摘している。

三井造の株価は11時23分現在208円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)