<私の相場観>=証券ジャパン・調査情報部長 大谷 正之氏

 当面は、米国株など海外株式市場や外国為替相場に左右されやすく、株価指数先物主導の相場展開となりそうだ。焦点は米国景気の動向で、個人消費の占める比率が大きいことから寒波の影響に関心が集まっている。その意味で今週発表される米小売り大手企業の決算発表に注目が集まる。

 日経平均株価をテクニカル面で見ると、当面上限を26週移動平均線、下限を52週移動平均線とした圏内での推移が予想される。1万5000円を上抜いても、昨年末高値からの押し幅の半値戻りに相当する1万5150円水準の突破が上昇軌道復帰への条件となる。

 個別銘柄では、給湯器、厨房機器ともに高付加価値品比率の拡大により利益成長が順調なリンナイ<5947.T>、インクジェットプリンター消耗品の販売好調や、円安効果により、今3月期の営業利益を580億円から790億円(前期比3.7倍)へ増額修正し、光学技術を生かしたウエアラブル端末の眼鏡型ヘッドマウントディスプレーを4月に新発売するセイコーエプソン<6724.T>、ヘッドランプLED化の進展が寄与するスタンレー電気<6923.T>に注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)