<話題の焦点>=文具・事務用品、海外展開積極化で成長目指す

 国内の文具・事務用品(オフィス家具は除く)関連の国内需要は5000億円弱の水準で伸び悩んでいる。しかし、長年培った日本独特の技術力を生かし、細部にこだわった品質の向上が受け入れられ、海外売上を順調に拡大させている。国策ともなっている「クールジャパン」とも関連して、文化輸出の一つとして今後も成長が期待できそうだ。

 「キャンパスノート」で知られる事務用品最大手のコクヨ<7984.T>は、「中国発の世界戦略」を進めている。2003年以来、オフィスの総合サービス提供会社として存在感をアピール。中華圏だけでなく、東南アジア、インドにも進出し、拠点数は11を数える。12年9月から、中国・上海のノート工場を稼働させ主力の「キャンパス(Campus)ノート」の生産を開始。さらに、意外にも現地のコピー商品「Gambol(ギャンボル)」も買収して生産する戦略に出て、20年には年間売上高100億円を目指す。

 パイロットコーポレーション<7846.T>は、消すことができるボールペン「フリクション」を開発。06年にフランスで販売して以来、世界100カ国以上で展開し、国内を含め、シリーズ累計10億本を超える大ヒットとなっている。欧州では学生中心からオフィス向けへ展開拡大。14年12月期も純利益で連続過去最高益更新予想。

 三菱鉛筆<7976.T>は、14日に14年12月期の業績予想を発表。13年12月期の連結営業利益が84億円(前の期比37%増)だったのに続き、今期も86億円(前期比2.3%増)を見込む。

 マックス<6454.T>は、紙針ホッチキスを開発、食品業界などからの引き合いが活発。円安で複写機内蔵綴じ機も欧米中心に復調している。

◆主な文具・事務用品関連銘柄

銘柄(コード)  今期営業増益率   株価   PER

マックス<6454.T>   8.0   1194   21.0
パイロット<7846.T>  3.6   3495   13.4
三菱鉛筆<7976.T>   2.3   2423   12.1
コクヨ<7984.T>    1.1    721   23.0

※株価は24日終値(単位:%、円、倍)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)