サニックスが3連騰、太陽光発電関連として物色続く

 サニックス<4651.T>が3連騰、一時前日比73円高の1089円まで買われている。太陽電池の出荷量拡大が伝えられるなかで産業用太陽光発電システムを手掛ける同社株も引き続き物色されている。今14年3月期通期業績は、物流体制拡充などの費用が増加することから通期連結営業利益で13日付では80億円から63億円(同3.4倍)へ下方修正しているが、費用負担が一巡する来期以降も業績拡大が続くことが予想される。廃プラのリサイクル事業を含めて今後の展開が注目されよう。

サニックスの株価は13時14分現在1077円(△61円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)