コマツなど中国関連株はしっかり、来月5日開催の中国・全人代など注目も

 コマツ<6301.T>、日立建機<6305.T>など中国関連株はしっかり。前日は、中国・上海市場での不動産株急落などが懸念され売られる場面があったが、この日は下値に買いが流入し株価は底堅く推移している。中国市場の動向を示す上海総合指数が反発していることも安心感を呼んでいる。ただ、依然「理財商品」に対するデフォルト懸念などシャドーバンキング問題への不透明感は残るほか、景気減速への不安も強い。また、来週の3月5日からは中国の全国人民代表大会(全人代)が開催され、同大会でどのような政治・経済方針が打ち出されるかにも市場の関心が集まっている。

コマツの株価は14時4分現在2142円(△12円)
日立建機の株価は14時6分現在1987円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)