<チャートの視点>=モノタロウ、一目均衡表で雲のねじれが出現

 工業用間接資材のネット通販などを手掛けるMonotaRO<3064.T>はきょう、一目均衡表で基調の転換点とされる「雲のねじれ(先行スパン1と先行スパン2が交差:2165円)」が出現した。日足チャートでは、5日・25日・75日移動平均線が接近している状態で、21日には各移動平均線に対するプラスカイ離を回復。21日と24日は4%前後の上昇をみせ、株価は出直り機運を強めつつある。
 なお、足もとの月次売上高をみると、1月は32億3000万円(前年同月比34.2%増)と、12月の32億2200万円(同27.7%増)から伸び率が拡大。新規顧客獲得数の堅調な伸びなどが、売り上げ増につながっている。

モノタロウは14時17分現在2245円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)