今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子
東京市場のドル/円相場は、102円台半ばでのもみ合いに終始しました。ただ、欧州勢参入後は弱含み気味です。この後の展開について、予定されている経済イベントを確認しつつ、考えてみましょう。

2/25(火)
18:30 (南ア) 第4四半期GDP
23:00 (米) 12月住宅価格指数
23:00☆(米) 12月S&P/ケース・シラー住宅価格指数
24:00☆(米) 2月消費者信頼感指数
24:00☆(米) 2月リッチモンド連銀製造業指数
24:10 (米) タルーロFRB理事、講演
27:00 (米) 2年債(320億ドル)入札
29:45 (米) ダドリー・ニューヨーク連銀総裁、講演
※☆は特に注目の材料

米国の経済イベントが多めです。☆つきの指標はありますが、そろそろ来週発表の米2月雇用統計が意識されていることを考えると、1つ1つの相場へ与えるインパクトは小さめと言わざるを得ません。ただ、複数の指標結果が良好、または弱い方に偏れば、ドルに大きめの動きが出てくる可能性はあるので、油断は禁物です。