セイヒョーが反発、株優制度の導入を好感

 セイヒョー<2872.T>が反発。同社は25日、大引け後に株主優待制度の導入を発表、これが好感されている。毎年8月末現在の株主に対して1000株以上5000株未満で3000円相当の自社製品など、5000株以上で5000円相当の自社製品などを贈呈する内容。
 同時に今14年2月期通期業績予想の修正も発表している。売上高で従来予想の37億5500万円から35億3800万円(前期実績37億円)へ、営業損益で1200万円の黒字から4900万円の赤字(同2600万円の黒字)へ下方修正した。最盛期である夏季に、主要販売エリアの新潟県と東北地方の梅雨明けの遅れの影響により、主力製品のアイスクリームの販売が伸び悩んでいることが要因だが、これは株価には織り込み済みとなっているようだ。

セイヒョーの株価は9時47分現在228円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)