乾汽船が続伸、今14年3月期の2円復配実施を評価

 乾汽船<9113.T>が続伸。同社は25日、大引け後に未定としていた今14年3月期の年間配当に関して、1株当たり1円の普通配当に今年4月8日の創業110周年を記念して1円の記念配当をプラスし、計2円(前期実績は無配)とすることを発表、これが好感されている。運賃・用船料の水準が採算ラインを下回る状況となっており、今14年3月期業績は通期連結営業損益で14億円の赤字(前期実績18億3000万円の赤字)の見込みながら、株価にはこれまでの下落で織り込まれている。

乾汽船の株価は10時1分現在350円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)