第一三共はしっかり、インド子会社のトアンサ工場とデワス工場で原薬出荷を一時停止

 第一三共<4568.T>がしっかり。同社は25日、インド連結子会社のランバクシー・ラボラトリーズ(ハリヤナ州グルガオン地区)が同国内のトアンサ工場とデワス工場で製造された原薬の出荷を一時的に停止すると発表した。
 1月24日付で、トアンサ工場で製造された原薬の米国向けの出荷停止は公表しているが、今回はトアンサ工場とデワス工場の原薬の追加での出荷停止は製造工程や品質管理体制をより一層評価、検証するためのランバクシーの自主的な判断に基づくものという。なお、この出荷停止に伴う業績への影響は判明次第公表するとしている。

第一三共の株価は10時41分現在1759円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)