味の素は昨年来高値、三菱UFJMS証は目標株価を1480円に引き上げ

 味の素<2802.T>が昨年来高値を更新している。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は25日付リポートで投資判断「ニュートラル」を維持、目標株価を従来の1420円から1480円に引き上げた。
 リポートでは「14年3月期会社計画営業利益は前回計画比60億円減額の620億円(前期比13%減)に下方修正。内訳はリジンや、核酸相場の下落によりバイオ・ファインで30億円、海外食品で10億円減額となった。また、原材料コスト上昇で国内食品10億円減額、医薬品で10億円減額する」としている。

味の素の株価は13時18分現在1576円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)