協和キリンは小動き、SMBC日興証券は「2」継続、目標株価は1100円に引き上げ

 協和発酵キリン<4151.T>は小動き。SMBC日興証券では25日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は1000円から1100円に引き上げている。13年12月期決算内容を踏まえ業績予想を修正。連結営業利益について、14年12月期425億円(前期比17.9%減、従来460億円、会社側計画は410億円)、15年12月期455億円(従来485億円)、16年12月期429億円(同455億円)と予想。(1)14年12月期以降の研究開発費を年間20億円上方修正、(2)海外事業の中期業績予想の上方修正、(3)バイオケミカル事業の売上高・利益予想の上方修正、などを業績修正の主因に挙げている。現状株価はPBR1倍の水準であり、下値リスクは限定的と捉えられるとも指摘している。

協和キリンの株価は14時1分現在1106円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)