カイオムバイオが一時ストップ高、外資との連携で思惑、特定筋攻勢観測も

 カイオム・バイオサイエンス<4583.T>が急騰、一時値幅制限上限に買われた。抗体医薬品の研究開発を手掛けるバイオベンチャーで、足もとは研究開発費が先行しているものの中外製薬<4519.T>や富士レビオとの共同開発で創薬に対する期待値は高い。外資では英グラクソ・スミスクラインとの連携も思惑を内包、市場筋の間では特定資金攻勢観測も根強く、2月4日の2700円台を底に急激な上昇相場を形成している。

カイオムバイオの株価は14時14分現在6320円(△950円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)