<チャートの視点>=コーセー、一目均衡表の雲を上抜ける

 コーセー<4922.T>はきのう、一目均衡表で先行スパン1(25日時点:3287円)と先行スパン2(同:3113円)で囲まれた範囲(雲)を上抜けた。12月13日に昨年来高値3375円をつけたあと、2月4日安値3015円まで調整。その後は持ち直しに転じ、足もとでは25日移動平均線(25日時点:3199円)と75日移動平均線(同:3231円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入ってきている。きょうは全体相場の軟調地合いが影響し、昨年来高値を前に足踏み状態となっているが、一時は前日比5円高の3360円をつけるなど基調の強さが感じられる。
 なお、1月31日に発表された14年3月期第3四半期(4~12月)の連結決算は、営業利益が136億6700万円(前年同期比55.7%増)で着地。14年3月期通期の計画145億円(前期比22.2%増)に対する進捗率は、94.3%に達している。

コーセーの株価は14時13分現在3355円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)