ミライアルが14年1月期業績を下方修正、最終7割減益に

 ミライアル<4238.T>は26日、14年1月期の連結業績予想の修正を発表、売上高は従来予想の89億円から83億5000万円(前の期比28.1%減)に、営業利益は8億3000万円から5億7000万円(同74.1%減)、最終利益は6億1000万円から4億4000万円(同69.2%減)にそれぞれ減額した。同社は半導体シリコンウエハーの容器製造を手掛けているが、半導体業界は上期に回復傾向をみせたものの、下期以降、スマートフォンに低価格品への需要シフトが起こり、1台当たり使用される半導体数量が減少、その影響で販売先の部品メーカーに生産調整や在庫調整の動きが顕在化した。それに伴い、秋口からの業績回復が見込めず、売上高が会社側想定を下回った。また、利益面ではコスト削減に努めたが、稼働率の低下や減価償却費などの増加、メガソーラーや研究開発拠点構築にかかわる設備投資負担などの影響が出た。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)