アイロムHDが大幅反落、前日ストップ高の反動で利益確定売り

 アイロムホールディングス<2372.T>が大幅反落となっている。同社は26日午後2時に、子会社のディナベックと独立行政法人国立国際医療研究センター、日本全薬工業(福島県郡山市)が共同で、「肥満に対する創薬研究ツールの開発」に着手すると発表し、これをきっかけに急動意しストップ高まで買われた。きょうは、その反動が出ているようだ。
 なお、同社の発表によると、ディナベックと国立国際医療研究センターは既に、核初期化因子を搭載したセンダイウイルスベクターキットで作製されたヒトⅰPS細胞から褐色脂肪細胞を理論上無限に近く製造する方法を発明済み。今後は3社共同で、ヒト褐色脂肪細胞を使った、肥満に対する薬剤スクリーニングをより効率的かつ簡便に行うツールを開発する。

アイロムHDの株価は9時38分現在863円(▼96円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)