私のルーティーン

ユーロドルを例として
昨日見ていたユーロドル
(必ず前日に、次の日のポイントはどこになるかをチェックします)、

最近は日足の上下ポイントをトライしては戻される動きが続いていますが、
徐々に日足ポイントが狭まってきて、
今日は1.37ミドル・ハイに集まっていました。

私のルーティーンですが、
日足ポイントの下では重くなりやすいという見方がまずあって、
その次に1、4時間足の配置を見ると、
基調・目先時間足とも下向きで下方向に留意、
とこういう流れです。

その時に、
大枠でユーロドルの売りを取りたいと思っていれば特に、
(これはルーティーン以前の大枠での見方で、はっきりしている時と中立のときとある)、
今日はいい配置で、売りを狙ってみようかとなるわけです。