椿本チエインは急伸し昨年来高値更新、SMBC日興証が「1」に引き上げ

 椿本チエイン<6371.T>が急伸。株価は一時、前日比63円高の870円まで買われ、1月17日につけた昨年来高値(855円)を更新している。SMBC日興証券は26日付リポートで投資判断を従来の「2」から「1」へ、目標株価を830円から990円にそれぞれ引き上げた。
 リポートでは「営業利益予想を今14年3月期は従来の157億円から172億円へ、来15年3月期は173億円から190億円へそれぞれ増額修正する。なお、14年3月期第4四半期以降の為替前提は1ドル=100円、1ユーロ=140円。自動車部品以外の事業の受注が回復することで、15年3月期に始まる新中期経営計画にチェーン事業や、精機事業のグローバル展開が期待されることは将来のチェーン事業や、精機事業の収益改善となり、株価のバリュエーション切り上げにつながるとみる」としている。

椿本チエインの株価は10時23分現在862円(△55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)