カプコンが続落、大和証券は「3」に引き下げ、モバイルコンテンツの不振を懸念

 カプコン<9697.T>が続落。大和証券は26日、同社の投資判断を「2(アウトパフォーム)」から「3(中立)」に引き下げた。目標株価は1940円としている。「モンスターハンター4」が大ヒットするなどパッケージソフトは好調だが、モバイルコンテンツ分野ではヒットに恵まれていないことを指摘。2014年3月期は増益見通しだが、14年15年3月期は「モバイルコンテンツ分野の大きな復調がなければ増益予想をする根拠に乏しい」として業績予想を引き下げている。

カプコンの株価は12時57分現在1949円(▼39円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)