クレハが反発、好業績に加え電池材料やシェールガス特需など材料豊富

 クレハ<4023.T>が反発、ここ25日移動平均線に頭を押さえられる展開となっていたが、好業績割安株の典型で根強い買いが観測される。14年3月期通期の連結業績純利益は58億円から70億円(前期比2.2倍)に上方修正、PER12倍台、PBR0.8倍台は水準訂正余地がある。同社はリチウムイオン電池の負極活性剤などを手掛けており、パナソニックと米テスラとの大規模電池工場建設計画も株価の刺激材料だ。医薬品部門では慢性腎不全治療薬「クレメジン」が収益に貢献、また、米シェールガス革命を受けて同社の手掛けるPGA樹脂に特需が発生している。シェールガスの生産現場では岩盤層に含まれるシェールガスを抽出する際に、その“通り道”を確保する樹脂材料として環境負荷の少ないPGAが注目されている。

クレハの株価は14時現在485円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)