第一稀元素が続落、岩井コスモ証券は「B+」目標株価3250円を継続

 第一稀元素化学工業<4082.T>が続落。岩井コスモ証券では26日付で、投資判断「B+」を継続、目標株価は3250円を継続している。14年3月期単体業績見通しは第3四半期(13年10~12月)決算発表段階で上方修正されているものの、同証券では「保守的であり修正予想を更に上振れも」とコメントしている。また、14年3月期は原材料費に含んでいたレアアースなどの原料在庫などの評価損が大幅に軽減することから営業利益がかさ上げされ、15年3月期はそうしたプラス要因がなくなることから営業減益を予想している。半面、14年3月期の特殊要因を除けば、15年3月期も堅実に収益改善が進んでいく見通しであることから、同証券では従来同様、投資判断、目標株価を継続するとしている。同証券では単体営業利益について、14年3月期39億円(前期は19億7900万円の赤字、会社側計画は34億円)、15年3月期32億円と試算している。

第一稀元素の株価は14時15分現在2687円(▼18円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)