ドル円、動意薄の展開継続か?

基準線が上値を抑えるなら下落も・・・・
 先週とは異なり、日経平均株価の値幅も狭まっており、ドル円は102円台前半で、愈々膠着状態に近い動きとなってしまいました。

 そんな状況下、ドル円の日足を見ると、26日営業日前に相場は大きく下げていた為、一目均衡表の基準線は、明日以降、102円台前半に押し下げられる事となります。

 果たして、明日以降、基準線が相場のサポートに転ずるのか、或いは、現在同様、レジスタンスで有り続けるのか、どちらになるか、興味深いところです。

  今日は日足が、一目・雲の端っこの辺りにあり、このまま下落基調が強まれば、雲の下に押し出されてしまいます。そうなれば、明日以降も基準線がレジスタンスとなり続けるかもしれず、上値の重さがますます意識され、取引レンジが切り下がる事となるかもしれません。