菊池製作所は「マッスルスーツ」の新会社を設立

 菊池製作所<3444.T>はこの日、大引け後に東京理科大学工学部の小林宏教授が開発を進めてきた「マッスルスーツ」を商品化すべく、小林教授とともに子会社「イノフィス」を設立したと発表した。
 「マッスルスーツ」は、空気圧を動力とした人工筋肉により、背筋力を補うことで腰への負担を軽減する簡易装着式の筋力補助装置で、介護現場や物流・工場などの重量物取扱い作業において、腰痛予防や改善にその効果が期待されている。
 イノフィスは、「マッスルスーツ」を初めとする技術シーズを抽出し、商品化の可能性、商品化に向けた技術開発の補完を通じ、技術的情報及びマーケティング戦略・商品戦略を企業へ提供することを目的としている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)