底堅い豪ドル

CRBとの比較分析
中国経済への不安感を背景に、豪ドルは対円を中心に軟化した。
しかし、上記のチャートから商品相場が全般的に上昇に転じていることもあり、豪ドルも思っている程弱くない。

過去、CRBが52週単純移動平均線を上に抜けていくと豪ドルが対米ドルでも堅調に推移していた。
もちろん、CRBの上昇トレンドを確認するには、まだ時間が必要だろう。
しかし、言い換えると、それまでの間、豪ドルは売り込まれないだろう。