四国電力の14年3月期90億円の最終赤字、期末配当見送り

 四国電力<9507.T>は27日、14年3月期通期の連結業績予想の修正を発表した。これまで売上高については6300億円(前期実績5617億8300万円)の予想を開示していたが、利益(営業・経常・最終)については未定としていた。売上高は従来予想からの変更はなく、営業損益は75億円の赤字(前期実績503億3700万円の赤字)、経常損益は120億円の赤字(同570億100万円の赤字)、最終損益は90億円の赤字(同428億8600万円の赤字)予想とした。なお、これを受けてこれまで未定としていた期末配当予想について無配とすることも発表した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)