東北電力が14年3月業績を増額修正、期末5円配も実施へ

 東北電力<9506.T>は27日、2014年3月期の連結業績予想の増額修正を発表した。売上高は2兆100億円から2兆200億円(前期比12.7%増)に見直したほか、営業損益は580億円の黒字から750億円の黒字(前期は559億2200万円の赤字)、最終損益は150億円の黒字から300億円の黒字(同1036億9800万円の赤字)に増額した。水力発電所や高効率火力発電所の稼働増による燃料費の減少や効率化の推進などが収益の押し上げ要因となる。
 また、11年3月の東日本大震災および同年7月の新潟・福島豪雨による発変電所被害に対する保険金87億7100万円を特別利益に計上する。
 同時に今3月期期末に5円配当を実施し、3期ぶりの復配を果たすことも明らかにした。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)