米株式の上昇を受け買い先行も上値重い展開

28日の株式相場見通し
28日の東京株式市場は、前日の米国株上昇を受け買い先行でスタートするものの、週末と月末が重なることもあり、利益確定の売りが出やすい地合いとなりそうだ。
 27日の米国株式市場は続伸した。NYダウ平均株価は、前日比74ドル高の1万6272ドルと続伸。イエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長は上院の議会証言で、テーパリング(量的金融緩和縮小政策)について、今後の経済指標を考慮し、景気の見通しが大きく変われば柔軟に対応するとの認識を示したことが好感された。28日早朝の外国為替市場では、1ドル102円10銭台とやや円高傾向となっている。

 日程面では、1月の鉱工業生産指数(速報)、1月の消費者物価指数、1月の家計調査、1月の完全失業率、1月の新設住宅着工戸数、1月の商業販売統計に注目。海外では、米10~12月のGDP(改定値)、2月のユーロ圏消費者物価、1月のユーロ圏失業率が焦点に。