マイクロニクスが3日ぶり反発、自律反発狙いの買い入る

 日本マイクロニクス<6871.T>が3日ぶりに反発。量子技術に基づく二次電池「battenice(バテナイス)」を手掛かり材料に2月25日の昨年来高値1万3870円まで急上昇した後、2日間で4500円近い急降下となったが、これを受けて自律反発狙いの買いが入っているようだ。チャート上でも前日に25日移動平均線を下回っており、目先の過熱感が和らいだ格好に。値動きに追随し急騰急落する傾向が強まっていることも、株価の動きを加速させている。

マイクロニクスの株価は10時1分現在7660円(△200円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)