イメージ情がS高カイ気配、14年3月期通期利益予想の引き上げを好感

 イメージ情報開発<3803.T>がストップ高カイ気配。同社は27日大引け後、14年3月期通期業績予想を修正。連結売上高を従来予想の9億2800万円から8億8500万円(前期実績7億4400万円)へ下方修正したが、営業損益は1900万円の赤字から1600万円の黒字(同8300万円の赤字)へ、経常損益は5900万円の赤字から400万円の黒字(同8000万円の赤字)へ、最終損益は4100万円の赤字から1600万円の黒字(同7500万円の赤字)へそれぞれ上方修正したことが好感されている。設計・構築業務が計画を下回っているものの、収益性の高いコンサルティング業務の売上増により、売上原価率の引き下げや販管費の削減が進み、利益率の改善が進むことが寄与している。

イメージ情の株価は10時57分現在600円(△100円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)