<後場の注目銘柄>=日立国際、防災行政無線システム拡大

 日立国際電気<6756.T>の株価は2月7日の1185円を底に1300円台まで出直る動き。実質無借金の好財務内容と好業績から、時価近辺は引き続き妙味あり。

 映像・無線ネットワークでは、震災以降、防災行政無線システムや消防無線システムが公共向けに拡大。エコ・薄膜プロセスでは、NAND型フラッシュメモリーとDRAM、ロジックファウンドリー向けに熱処理製膜装置も回復基調となっている。

 つれて今14年3月期通期業績は連結営業利益で155億円(前期比2.5倍)と大幅な増益を見込んでいる。テレビ放送帯のホワイトスペースを用いた長距離ブロードバンド通信に世界で初めて成功したことも注目。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)