大ガスが底堅い、米フリーポートLNGプロジェクトへの出資参画で注目

 大阪ガス<9532.T>は小動きながら底堅い動き。同社は27日、米国テキサス州のフリーポートLNGプロジェクトにおける液化事業に出資参画することを発表、これが注目されている。
 フリーポート社(米国テキサス州ヒューストン)は、同社が保有・運営するフリーポートLNG受入基地で、液化設備を3系列(1系列あたり年間約440万トンの液化設備容量)建設することを計画しており、そのうち第1・第2系列については、米国連邦エネルギー規制委員会からの建設許可の取得などを経て、14年下半期の最終投資決定と着工を目指している。
 大阪ガスと中部電力<9502.T>は、両社が液化加工契約を締結している第1系列の建設主体であるフリーポートの子会社(第1系列液化会社)の持ち分を同系列の最終投資決定を経てそれぞれ25%ずつ取得し、建設期間(約4年間)を通して各社約6億ドル(約600億円)を出資する予定となっている。

大ガスの株価は13時1分現在421円(▼1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)