DTSが反落、横河ディジタルコンピュータを子会社化

 DTS<9682.T>が反落。きょう午前11時に横河電機<6841.T>からマイクロコンピュータや周辺システムの設計、開発を行う横河ディジタルコンピュータの発行済み株式の90.0%を取得、子会社化すると発表した。ただ、株価は20日の直近安値1800円から前日高値2019円まで12%強上昇していたことから、当面の利益を確定する売りが優勢になっている。DTSグループは中期経営計画で連結売上高720億円を目指し、IT分野の事業基盤を拡充しており、横河ディジタルの組込み開発分野のプロセス改善のためのコンサルティングやツールを取り込むことで、技術基盤を強化する。

DTSの株価は13時14分現在1970円(▼34円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)