陽光都市は一時13%高、今12月期大幅増収益予想公表も

 陽光都市開発<8946.T>は一時13%高。きょう午後2時に非開示としていた今14年12月期の第2四半期(1~6月)と通期業績予想を公表した。通期の連結業績について売上高17億6000万円(前期比67.1%増)、経常利益1億円(同66.0%増)と大幅増収増益を予想しことを受け急反発、前日比23円高の191円まで上げ幅を広げた。ただ、買い一巡後は上げ幅を縮めている。
 今12月期業績予想は香港の柏雅資本集団控股有限公司の全株式の取得と債権を譲受、子会社化を完了したことを受け、買収に伴う影響を織り込んだ。柏雅香港の子会社化に伴い、柏雅香港の子会社と孫会社である柏雅酒店管理(上海)有限公司、上海柏雅投資管理有限公司の2社が同社の連結子会社になり、中国事業の本格的な拡大へ期待が高まっている。

陽光都市の株価は14時38分現在169円(△1円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)