今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子
東京外為市場のドル/円は、日経平均株価が下落すると断続的に下値を切り下げ、一時101円545の安値をつけました。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

2/28(金)
18:00☆(ユーロ圏) ラウテンシュレーガーECB専務理事、講演
19:00☆(ユーロ圏) 2月消費者物価指数・速報
19:00 (ユーロ圏) 1月失業率
19:00 (米) フィッシャー米ダラス連銀総裁、講演
21:00 (南ア) 1月貿易収支
22:30☆(加) GDP(第4四半期・12月)
22:30☆(米) 第4四半期GDP・改定値
22:30 (英)カーニー・BOE総裁、講演
23:45☆(米) 2月シカゴ購買部協会景気指数
23:55 (米) 2月ミシガン大消費者信頼感指数・確報値
24:00  (米) 1月中古住宅販売成約
24:15 (米) スタインFRB理事、コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁、エバンズ・シカゴ連銀総裁、プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁、討論会

3/1(土)
10:00☆(中国) 2月製造業PMI・速報
※☆は特に注目の材料

本日は主要経済指標発表の他、要人発言の機会が多く、かなり材料豊富な1日と言えます。さらに、週末前のポジション整理の動きや、ウクライナ情勢を睨んで、為替は神経質な値動きが予想されます。