【売り】フルキャストHD<4848>出来高の減少は調整の前兆か?=中原

【売り】フルキャストHD出来高の減少は調整の前兆か?
今回の注目銘柄は、フルキャストHDです。

フルキャストHD :持ち株会社。傘下で短期業務支援や人材派遣などを展開。

2月17日に増収増益との報道を受けたフルキャストHD。2月初めは200円付近だった株価も急上昇し、一時は400円付近まで膨れ、その上昇幅は70%以上にも上ります。

しかしながら、最高値である384円からは調整期間にあり、出来高が急減しており、統計的にみて売りが優勢。高値のブレイクによる続投の可能性は捨てきれませんが、調整が来ることを期待して売りで仕掛けます。

上昇する可能性も十分あるため、ロスカットを設定をしておくのが無難でしょう。

=====
今回利用した戦略「出来高マンスリー」の検証結果
検証期間:2000年1月4日~2014年2月28日
取引回数:9901回
対象:全銘柄

【寄成→20営業日後寄成の取引を行った場合】
勝率:61%
勝ちトレード平均利益:12.2%
負けトレード平均損失:14.1%
期待値:1.9%
=====