【売り】ルネサスエレクトロニクス<6723>出来高の減少は調整の前兆か?=中原

【売り】ルネサスエレクトロニクス出来高の減少は調整の前兆か?
今回の注目銘柄は、ルネサスエレクトロニクスです。

ルネサスエレクトロニクス:電機機器製造業。半導体専業で、システムLしも手掛ける。

円安効果で営業黒字との報道を2月19日に受けたルネサスエレクトロニクス。2月に入ってからは株価は急激に上昇しており、月初500円付近だった株価は一時期800円台にまで上昇。ほんの1ヶ月の間に株価は60%近く膨れていました。

一方で、急激に出来高が減少しているところが気になります。統計的には急激な出来高の減少は売りシグナル。2月に付けた最高値である850円をブレイクすればの可能性は強まりますが、800円付近での売り勢力はかなり強い様子で、難しいでしょう。今回は、調整が続くことを期待して売りで仕掛けます。

850円を超えるようならば一転して買いが強まると予想されますので、この価格よりも少し下の位置にロスカットを設定をしておくのが無難でしょう。

=====
今回利用した戦略「出来高マンスリー」の検証結果
検証期間:2000年1月4日~2014年2月28日
取引回数:9901回
対象:全銘柄

【寄成→20営業日後寄成の取引を行った場合】
勝率:61%
勝ちトレード平均利益:12.2%
負けトレード平均損失:14.1%
期待値:1.9%
=====