【売り】ミクシィ(2121)公募増資で需給悪化懸念= フェアトレード 西村 剛

モンスターストライク好調も公募増資で需給悪化懸念
■注目銘柄
ミクシィ(2121)

■注目理由
株価は2013年12月10日に9060円を付けたあと6000円から7000円台で推移。28日には「モンスターストライク」の配信において中国テンセントと合意したことを材料に株価は急騰、7280円まで回復している。足元業績は好調ではあるが、28日138万株の公募増資・売り出しを発表しており、月末にかけて需給が悪化する可能性があると考えて、今回は売り予想としました。