オリンパスが反落 14年3月期業績予想を下方修正、バイオロジテクス事業から撤退で

 オリンパス<7733.T>が反落。2月28日引け後に14年3月期の連結業績見通しを売上高7200億円(前期比3.2%減)、営業利益725億円(同2.1倍)は従来予想を据え置きつつ、純損益を従来予想の130億円の黒字から、40億円の赤字~収支均衡(前期80億2000万円の黒字)へと下方修正したことが嫌気されている。骨を形成するたんぱく質の開発・製造を行うバイオロジテクス事業から撤退することに伴い、特別損失を計上することが要因としている。なお、損失額は精査中という。

オリンパスの株価は9時43分現在3435円(▼95円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)