菊池製作所が前週末に続きストップ高、マッスルスーツ早期商品化へ期待

 菊池製作所<3444.T>が前週末に続いてストップ高まで買い進まれている。26日に有力ロボットベンチャーのサイバーダイン<7779.T>の東証マザーズ上場を控え、新興市場のロボット関連銘柄が思惑人気を集めるなか、27日に東京理科大学工学部の小林宏教授と「マッスルスーツ」を商品化するため、子会社「イノフィス」を設立したと発表したことが、引き続き好感されている。マッスルスーツは空気圧を動力とした簡易装着式の筋力補助ロボットで、介護現場や物流・工場などへの実用化が有望視されている。厚生労働省は重量物取扱い作業や福祉・医療分野など介護・看護作業などで、機器や道具を導入するなど予防対策を講じることを指示しており、早期商品化へ期待が高まっている。

菊池製作所の株価は11時7分現在5050円(△700円)カイ気配

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)