タカラバイオは軟調、クロモセンター社との人工染色体技術に関するライセンス契約締結

 タカラバイオ<4974.T>が軟調。同社は2月28日、クロモセンター社が保有する人工染色体技術について、特許の実施許諾を受けるためのライセンス契約を2月20日付で締結したと発表したものは反応は鈍い。この契約に基づき、研究用遺伝子導入試薬を全世界で販売するための権利をクロモセンター社以外では同社のみが保有することになる。人工染色体技術は、ゲノム編集技術などと並んで、iPS細胞の作製や再生医療分野など、ライフサイエンスや医療の分野での応用が可能な重要技術として注目されている。

タカラバイオの株価は11時30分現在1675円(▼52円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)