三井海洋が5日ぶり反発、いちよし経研がフェアバリューを引き上げ

 三井海洋開発<6269.T>が5日ぶりに反発。この日は、いちよし経済研究所が2月28日付で投資判断「B」を継続し、フェアバリューを3000円から3100円に引き上げたことが観測されている。受注好調を受けて、同証券では14年12月期の営業利益予想を会社予想並みの80億円(前期比2.2倍)に、15年12月期を同70億円から90億円にそれぞれ上方修正したことが要因。ブラジルや西アフリカなどにおける高水準の海洋油田開発投資が貢献し業績は拡大しているという。

三井海洋の株価は12時50分現在2604円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)