トヨタは下げ渋る、一時5700円割れで値頃感も台頭

 トヨタ自動車<7203.T>は、後場に入りやや下げ渋る展開。ウクライナ情勢の緊迫化を受けた円高の進行を嫌気し、前場には一時、前週末に比べ153円安の5686円まで売られた。ただ、後場に入り5730円前後へ値を戻している。この日で4日続落だが、直近の2月24日のザラ場高値6045円から5700円割れまで約6%下落したことから、下値には値頃感からの買いも流入しているようだ。

トヨタの株価は13時37分現在5735円(▼104円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)