国際帝石が続伸、原油価格上昇を材料視

 国際石油開発帝石<1605.T>が続伸。ウクライナ情勢の緊迫化で世界的にリスク回避の動きが強まる中、ニューヨーク市場で原油先物相場が上昇していることが手掛か材料視されている。特にロシアは天然ガスをはじめとする資源国であることから、需給逼迫思惑が働いているようで、原油高が国内の石油関連企業の収益にも好影響を与えるとの見方から買われていようだ。

国際帝石の株価は13時40分現在1307円(△17円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)