東和フードが続落、第3四半期の7.8%営業減益を嫌気

 東和フードサービス<3329.T>が続落。同社は2月28日、大引け後に第3四半期(13年5月~14年1月)累計業績を発表。売上高76億800万円(前年同期比1.5%増)と増収となったが、営業利益では4億5000万円(同7.8%減)と減益なったことが嫌気されている。13年11月に、川崎地区でのカフェカンパニー3店舗目となる「カフェココナッツ川崎ダイス店」をオープンするなど出店やリニューアルを行なっているが、これに伴う出店コストなどが利益圧迫要因になっているようだ。今14年4月期通期は売上高103億円(前期比3.4%増)、営業利益6億4300万円(同3.9%増)の従来予想から変更はない。昨年11月に発足した「開発部」を通じて季節の変化にきめ細かく対応したフェアを開発するなど既存店のテコ入れなども行なっており、これらの効果に期待したい。

東和フードの株価は13時41分現在2461円(▼27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)