菊池製作所などロボット関連が高い、軟調地合いのなか短期値幅取り狙いの買い入る

 菊池製作所<3444.T>がストップ高しているほか、セック<3741.T>、ハーモニック・ドライブ・システム<6324.T >など他のロボット関連が高い。26日にロボットベンチャーのサイバーダイン<7779.T>の東証マザーズ上場を控えて、ロボット関連銘柄は思惑人気が強まっていることに加えて、菊池製作所が27日、東京理科大学工学部の小林宏教授と「マッスルスーツ」を商品化するため、子会社「イノフィス」を設立したと発表したことも、関連銘柄人気を高める一因となっているようだ。ウクライナ情勢の緊迫化を受けて全般市場が軟化する中、短期の値幅取りを狙った資金も物色人気を高めるのに一役買っているもよう。

菊池製作所の株価は13時45分現在5050円(△700円)
セックの株価は13時45分現在5150円(△420円)
ハーモニックの株価は13時45分現在3535円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)