<チャートの視点>=ヤマトHD、25・75日線のGCが視野に入る

 ヤマトホールディングス<9064.T>は、25日移動平均線(28日時点:2073円)と75日移動平均線(同:2092円)のゴールデン・クロス(GC)が視野に入っている。2月27日には一目均衡表で雲(先行スパン1と先行スパン2で囲まれた範囲)を上抜くなど、ここにきてチャート妙味が高まりつつある状況。また、需給面でも、2月21日申し込み時点の信用倍率が0.33倍と妙味がある。
 なお、同社は1月29日に14年3月期通期の連結営業利益予想を従来の710億円から670億円(前期比1.2%増)に引き下げているが、これは宅急便取り扱い数量の増加に対応するための体制整備やサービス品質の維持・向上への取り組みにかかる費用などが影響したことが主な要因。取り扱い数量自体は増加しており、連結売上高予想は従来の1兆3450億円から1兆3600億円(同6.1%増)に引き上げている。

ヤマトHDの株価は15時現在2130円(△23円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)