今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子

今夜の注目材料は?=外為どっとコム総研 石川久美子
東京市場のドル/円相場は朝に急速に円高が進み、101.20円台まで値を下げた後は101円台前半での推移となっています。この後の展開について、予定されている経済イベントから考えてみましょう。

3/3(月)
18:30☆(英) 2月PMI製造業
22:30 (米) 1月個人所得・支出
22:30 (米) 1月PCEデフレーター
23:00 (ユーロ圏) ドラギECB総裁、議会証言
24:00☆(米) 2月ISM製造業景況指数

3/4(火)
09:30 (豪) 1月住宅建設許可件数
12:30☆(豪) RBAキャッシュターゲット
※☆は特に注目の材料

ドル/円相場は米ISM製造業景況指数が一番の注目イベントとなります。
ただ、本日に関しては、週末の間に強まったウクライナ情勢への懸念から、主要国株価や米長期金利がどのような動きになるかが注目されます。101円を割り込むようなら、次のターゲットは2月安値の100.754円になります。

また、豪ドル/円については、明日のRBAキャッシュターゲットも一大イベントです。政策金利は据え置き見通しですが、声明で豪ドル高牽制や追加利下げ示唆があるかどうかが焦点です。