トーホーが14年1月期業績予想を減額修正、原料価格の高騰など響く

 業務用食品卸大手のトーホー<8142.T>は3日、14年1月期の連結業績予想の減額修正を発表した。売上高は2050億円から2043億円(前の期比3.7%増)に見直したほか、営業利益は28億円から22億9000万円(同5.2%減)、純利益は12億円から5億1000万円(同42.3%減)に下方修正した。
 水道光熱費の上昇などの影響に加え、円安による原料価格高騰などが響いた。また、のれんの減損処理に伴う特別損失も計上している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)