コンビニ経済圏 食品稼ぐ PB・惣菜けん引 関連銘柄をご紹介

日経新聞半歩先読み
コンビニ経済圏 食品稼ぐ PB・惣菜けん引 日本経済新聞 企業総合 2面

コンビニエンスストア市場の拡大が、食品メーカーの収益を押し上げているとの記事です。コンビニと組んでプライベートブランド(PB)などの商品を供給している企業が業績を伸ばしているようです。プリマハムやカルビーなどが例として挙げられています。プリマハムの「サラダチキン」は確かに大ヒットで、藤本も何回か買いましたが、直ぐに販売休止になっていました。

株式市場がウクライナ情勢で荒れていますので、このような内需関連の食品株に注目が集まりやすい環境になっています。

今回の記事の中には、掲載されていませんが、焼酎のオエノンホールディングスも、酎ハイPBをローソン、ファミリーマート向けに提供していて、好調なようです。200円台と株価水準が安く、予想配当利回りが3%を超えています。東洋経済新報社予想

(2533) オエノンホールディングス (東証1部)  231円 前日比  +2 (+0.87%) [売買単位:1,000株]

(2229) カルビー (東証1部) 2,437円 前日比  -34 (-1.37%) [売買単位:100株]

(2281) プリマハム (東証1部) 196円 前日比  +1 (+0.51%) [売買単位:1,000株]

(2815) アリアケジャパン (東証1部) 2,457円 前日比  +3 (+0.12%) [売買単位:100株]

今日も皆様に相場の福が授かりますように!!
※本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。