キョーリンHDは続落、SMBC日興証は投資判断を「3」に引き下げ

 キョーリン製薬ホールディングス<4569.T>が続落。株価は一時前日比100円安の2110円まで売られている。SMBC日興証券は3日付リポートで投資判断を従来の「2」から「3」へ、目標株価を2400円から2100円へそれぞれ引き下げた。
 リポートでは「当証券では15年3月期営業利益予想について、従来の177億円から159億円(前期比11.7%減)とし、QUICKコンセンサス予想182億円(2月19日現在)を下回る。下方修正した主な要因は、ガチフロキサシンの輸出売り上げの減額と、ウリトスやキプレスの売り上げ予想の引き下げ」としている。

キョーリンHDの株価は9時31分現在2126円(▼84円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)